志望動機で見られるポイント

転職する際、履歴書に志望動機を書かなければならず、その内容が書類審査を通過できるかどうかが大変重要になってきます。今の職場を辞める本音の理由によっては、何を書けば良いかが思い浮かばずに悩んでしまうことも多くあるでしょう。

その際には、例文集などを利用して例文を参考にして志望動機を書く人もいるかもしれません。しかし、実際は例文集を見て準備した履歴書を提出すると書類審査で落とされてしまうケースが意外と多いことをご存知でしょうか。その理由として、例文集を利用するのはあまりに一般的になっているからであり、審査をする側も例文を参考にしたことがよくわかってしまうのです。そのため、人材としてあまり有能ではないという判断をして、それ以上は書類を読まずに不採用という結論にしてしまうことが多いのです。

特に人気が高くて志望者数が多い場合には、こういった形でふるいをかけていかないと採用のための労力が大きくなりすぎてしまいます。そのため、転職に際して志望動機を書くときには、何も参考にしないで書くように心がけるのが望ましいでしょう。いかに書くことが思い浮かばないで困ったとしても、自力で文章をひねり出すことができれば、それは典型的な例文とは異なるものになります。

たとえ文章があまり上手でなかったとしても、志望動機を書く努力をした形跡がある方が、まずは面接で「本人がどのような人物かを吟味してみよう」と考えてもらえる可能性が高いのです。自分の言葉であるかどうかが、書類審査では重視されるといっても過言ではありません。